Fabienne LupoはFHH(Fondation de la Haute Horlogerie)の会長兼専務です。彼女はオートオルロジェリーの将来に向けて、クラフトマンシップとラグジュアリーをはっきりと強調しながら、推進するという挑戦的な任務を遂行しつずけています。 FHHはSIHHの組織体です 。

Elizabeth Doerr(Quillandpad.com 編集長


1.  あなたの両親は何をしていましたか?どのようなの幼年期を過ごしたのか教えてください。

私の父は建設の監督者であり、私の母は看護師でした。 私は一人っ子だったので、私は幸せな幼年期を過ごせましたが少し孤独で寂しい記憶もあります。その為か、私は想像力、創造性、好奇心、そして人と会うことへの喜びの感情、などを育てることができました。

2. 子供の頃なにか大きな志しを持っていましたか?何になりたかったのですか?

私はアーティストになりたかったです...ダンサー、女優、歌手。 私は他人の立場になって行動することが好きでした。

3. 子供の頃の最初の記憶は何ですか?

日曜日の夜、田舎の祖父母と一緒に帰り、車の後ろで空を見上げることです。その時には「将来の自分」を夢見て頭の中で描いてました。

4. あなたは今まで別の職業を経験したことがありますか?何をしましたか?

はい、大手広告会社などにマーケティング調査を販売していました。 他には化粧品のマーケティングやレディースの香水の制作にも携わってました。

5. どうやって今の職にたどり着いたのですか?

Foire de Marseilleで働いていた時に、展覧会をオーガナイズする仕事を経験したことです。1,500の出展者と9日間で450,000人の来場者を持った非常に大きなイベントでした。

6.  あなたがしなければならなかった最悪の仕事は何でしたか?

スーパーマーケットのアシスタントマネージャーです。

7.  これまであなたの人生で一番辛い瞬間は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

私の乳がんが発覚した時です。突然、「あぁ、自分も死ぬのかな」と実感してしまいました。ですがそれを機に残りの人生をどう過ごすか考え直すことが出来て、今となっては良い経験だったと思っています。 

8.  あなたに最も強い影響を与えたのは誰ですか?あなたにインスピレーションを与える人は誰ですか?

私に洞察力と「コモンセンス」を教えてくれた私の父。私に自信をくれたMarseille Fairの上司。そして私を20年もメンターとしていつも居てくれたFranco Cologni氏。彼のおかげで今の私がいます。

9.あなたは何を最も誇りに思っていますか?

母親なので、当たり前かもしれませんが、勿論私の子供達です。

10. あなたと同様の道を歩むことを考えている20代の方ににあなたはどのようなアドバイスを与えますか?

René Charの言葉です:「チャンスを受け入れ、幸福を抱きしめ、リスクへと進め。そうすると、全て、あなたに着いて来るでしょう。」

11. バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)にある3つのことを教えてください。 

本を書くこと。

映画に出演すること。

クレイジーなお婆ちゃんになること。 

12. 業界の10年後はどのようになってると思いますか?

私たちの業界が非常に敏感かつ創造的で、人々が常に持ちたいと思う美しい物を作れるという事はラッキーです。しかし、当然のことながら、その時代に合わせ、その製造、流通、コミュニケーション、顧客全体に影響を与える新しいテクニックやテクノロジーに適応する必要があります。ウォッチメーキングは、それらのテクニックやテクノロジーを予測しする必要があります。これが成功の鍵となります。

私は業界がディザイアビリティを保持、あるいはさらに高めることができれば、明るい未来が持っていると確信しています。


To learn more about the FHH