Guy Lucasは、芸術写真にテクノロジーで置き換えられないものをもたらします。長年のプロの写真家としての経験に組み合わされた才能は、生命の無いモノに技術的に最高のイメージの感情と生命を表現します。彼は、業界でトップのオロロジカルフォトグラファーの一人です。

彼の作品例を見るにはここをクリックしてください。


1.  あなたの両親は何をしていましたか?どのようなの幼年期を過ごしたのか教えてください。

母は私を一人で育てました。 彼女は建築物部門の広告責任者を務め、その後様々な管理者のトレーナーでした。 一人息子の私はパリで生まれ、強く開放的な家庭環境を楽しみ、幸せで特権的な子供時代を過ごしました。祖父母は、芸術的なオブジェクトに大きな関心を持ち、私の文化と芸術への理解に影響を与える大きな役割をしました。それで私はファッションやレポーティング写真ではなく、スティルライフ写真家になったと思います。

 

2. 子供の頃なにか大きな志しを持っていましたか?何になりたかったのですか?

私はクラシカルスタディの後、技術の勉強をしてコンピュータ科学者になることを考えました。 当時この道は、有望で革新的にみえました。しかし私は芸術的な分野、特に写真に引き付けられました。 80年代始め、私はこの分野で多くの選択肢があり、フォトレポート、ファッション写真 (特に "Halles"グループの若いクリエイター達) やフレンチシアターでショーをして数年間働きました。その後24歳でスタジオ写真家のアシスタントになり私の専門になるスティルライフを学びました。

 

3. 子供の頃の最初の記憶は何ですか?

いくつもあり正確に答えるのが難しいです 。4歳での初めてのスキー(木製のスキーとレザーシューズ)、乗馬、バケーション、祖父母、家族または友人との大量でおいしいエンドレスなランチ...スカウト家への訪問、友人達との交流、私の初めての "サプライズパーティー"、アート展、祖母の会社のオークションハウス...。

 

4. あなたは今まで別の職業を経験したことがありますか?何をしましたか?

私は勉学費の一部を調達するために、色々なレストランでウェイターをしました。人間的見解からみて、面白い経験でした。 また、ディスク部門(ビニールと最初のCD類)のマネージメントと購入を担当する仕事をし、フレンチコメディーで雇われ、その後スタジオの写真アシスタントを2年しました。

 

5. なぜフォトグラファーになることを選択したのですか?過去あなたは誰かの為に働きましたか?何があなたに独立し一人立ちすることを決めさせたのですか?

私が2年間アシスタントをした私のメンター、オリヴィエ・ヘルベール、スティルライフ写真家との出会いです。彼のスタジオに初めて着いた時とその大きなスタジオで仕事のピークを迎えた時に、これが私の専門分野になるだろうと私には明らかでした。私たちはデコレーションの写真(Vanillia paper)、カトラリーの写真(Peter)、コンテンポラリーカーペット(Toulemonde Bochard)、”Food“の写真、ファッション、化粧品を撮っていました.。

当時フォトショップは無く、撮影に費やす時間に関わらず画像の品質が、最優先で完璧でなければいけませんでした。日々規則的なペースで現像所に往復し、時々最終的な結果を待っている間スタジオで緊張感が増しました。仕事は企業と直接か広告代理店を通してしました。

私は独立してすぐ、多数の広告・通信代理店や企業と協同で仕事をしました。スタート時は多くの料理の写真を、その後化粧品と香水の仕事をしました。2000年位からファインジュエリー (Boucheron, Van Cleef & Arpels, ....)と機械式時計 (Richard Mille, Audemars Piguet, Kari Voutilainen, Vianney Halter, FP Journe、その他たくさん...) をやり始めました。最近では、Dom Pérignon、Jean Nouvel Design、TT Trunks などの様々な企業との仕事に繋がった自分の活動を多様化させ、雑誌や展覧会用の個人プロジェクトも展開しています。

 

6.  あなたがしなければならなかった最悪の仕事は何でしたか?

写真では:

私は大量配布用のカタログ制作会社の従業員でした(Metro、Cora 、Auchan...)。「缶」を撮影することはあまり楽しめませんでした。

唯一のポジティブな点は、良い画像が速く沢山できたことで、私は代理店のアーティスティックディレクターに会いに行き、紹介ページのポスターやカタログで一緒に仕事をしました。私たちはうまく働きすぐに「缶」を忘れました...。

その他:

私の兵役中に厨房の仕事を割り当てられ800人以上に関わったときは楽しい仕事ではありませんでした。それは一度だけでしたが...。

 

7.  これまであなたの人生で一番辛い瞬間は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

私たちに起こりうる最悪は、身近な人や友人、家族を失うことだと思います。それは準備ができない上に常に痛ましい経験です。

80年代にエイズが現れ、私は多くの友人や血縁の喪失にあいました。エイズ問題はまだありますからあなた方も気をつけてください。

 

8.  あなたに最も強い影響を与えたのは誰ですか?あなたにインスピレーションを与える人は誰ですか?

まず第一に、コレクターでオブジェクト好きの祖母です。彼女は自分の情熱を私にうまく伝える方法をよく知っていました。

第二に、私の写真の指導者、オリヴィエ・ヘルベールです。私に大きな満足をもたらしてくれる愛する仕事ができるのは彼のお陰です。

他には、ニュートン、リンドバーグ、ファッションとポートレイトのアーヴィング・ペン、静物画などの偉大な写真家ダニエル・ジュアヌーから来ます。また、私が写真家としてのキャリアの中で、知り合ったアートの世界の画家、彫刻家、そして多くのクラフトマン達からきます。

 

9.あなたは何を最も誇りに思っていますか?

私の子供たち。彼らは高潔で自尊心があります。私は彼らを信頼しオープンで豊かで幸せな人生をと願っています。

私の最も美しい本で、エルメスと製作した「旅の美しさ」です。

続いて絵本のような本ですが、Richard Milleの最初の本です。

そして別の写真分野で撮影した写真がいくつか...。

私が名声を得た分野の時計はもちろん、ジュエリー、香水、幾度か展覧した煙の写真などの私個人のワークなどです。

 

10. あなたと同様の道を歩むことを考えている20代の方ににあなたはどのようなアドバイスを与えますか?

普通私は簡単な質問をすることから始めます:

最高のカメラは何だとあなたは思いますか? (この章の最後に答えます)

写真や画像の世界は、ここ数年進化の途中です。

私たちの世界は多くの画像を消費しますが、これらの画像を分析するとほとんどすべてのものに共通しているスタンダードがあります。

デジタル時代の到来、画像の民主化(ポータブル、ウェブ)、大画像センターは、画像の本来の意義を疲弊させます。あまりにも多くの画像が他の画像を殺します。画像の芸術と文化は消滅し、社会のイメージも消え去ります。

私はこの仕事に将来性があると確信できません。予算の減少、倫理の喪失、この職業を美しく開放的で魅力的にしたデントロジーは、本質的に時代遅れの傾向にあります。唯一まだ開かれている領域は芸術でしょう。

もちろん写真は存在し続けるでしょう。ですが、なぜ、誰のために?

これからの写真家は、意欲的で、クリエイティブで、多様性がなければなりません。画像の世界でますます多くのスペースを占めているメディア、特にビデオはさまざまな撮影技術に適応する必要があります。

この章の冒頭の質問の答えは:目

撮影材料が写真家の腕を良くするわけではありません。

写真家は撮影する前に、考え、反映し、想像し、イメージを可視化します。我々はそれを写真の「目」を持っていると言い、これが普通のただボタンを押す人と写真家の違いです。

写真家はアーティストです。従って写真はアートなのです。

 

11. バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)にある3つのことを教えてください。

世界をセーリングして回る。

宇宙旅行に出かける。

人類が「理由」を見つけるのを見る...。

 

12.業界の10年後はどのようになってると思いますか?

今、時計業界は深刻な危機に瀕しています。時間がかかりますが回復するでしょう。

回復には、業界自体を改革し、その基本原則を再発見する必要があります:

創造性を強調して完璧な仕上がりで質の高い製品を提供し、顧客を尊重して信頼を回復し、サービスと贅沢という概念と伝統を尊重すること。

一部のブランドは消え、他のブランドが出現するでしょう。

しかし重要なことを忘れてはいけません。機械的な時計製作は芸術です。

アートは死ぬことはありません...時間の経過と共に進化し変容します。