Jean-Daniel DuboisはVaucher Manufacture Fleurierのジェネラルマネージャー、そしてVaucher Private Labelの扇動者である。


1. あなたの両親は何をしていましたか?どのようなの幼年期を過ごしたのか教えてください。

私の父はウォッチメーカーで、母は夕方にテンプを数えていました。 だから私は幼い頃から時計製造に没頭してきました。

2. 子供の頃なにか大きな志しを持っていましたか?何になりたかったのですか?

 私は子供の頃の早い時期から、柔道と体操などのスポーツをしていました。 そして毎週土曜日には父とフリブールアルプスにスキーに行く幸運にも恵まれていました。 また自転車レース競技を長い間していて 、スキーかサイクリングでチャンピオンになりたいと思っていました。

3. 子供の頃の最初の記憶は何ですか?

そうですね、実際には自転車のことです。 私は6歳で、ちょうど誕生日に初めて自転車を与えられました。父は、その自転車を買う為に長い間節約をしなければいけませんでした。 私はその自転車で壁にまっすぐ突進し、フロントフォークを曲げてしまいました。 そのことで私は本当に悲しい思いをしました。 私はその両親の犠牲と愛の象徴を僅か2秒で壊し、修理で待った数ヶ月の時間を無駄にしました。

4. あなたは今まで別の職業を経験したことがありますか?何をしましたか?

危機的な時代にスキーを教えました。学費を払うために園芸をし、農場で働き、家具、複写機、溶接設備を売りました。

5. なぜクリエイターになることを選択したのですか?過去あなたは誰かの為に働きましたか?何があなたに独立し一人立ちすることを決めさせたのですか?

ヌーシャテルの私達が住んでいた場所の裏には、時計制作の作業場がありました。私は頻繁に行って、窓の中を覗いていました。父はPeseuxで働いていて、私は学校が終わったら2キロ歩いてそこまで行き、いつも父が働いているのを見守るために数分間立ち止まってから、父の自転車のクロスバーに座って家に帰っていました。父の同僚の一人だったギルバート・プチ・ジャン(Gilbert Petit-Jean)は、組立を専門とする同名の会社を設立しました。時計製造は常に私の人生に存在しています。私の父方の祖父はウオッチメーカー、叔母はタイマー、叔父はウオッチメーカー/タイマーでした。しばらくすると、私の父は時計製造者として独立し、家族を雇い経営しました。私は十代のときお金を稼ぐために、レーシングバイクに乗って、家で仕事をしているワーカー達に部品を配達していました。私は何か技術的なことをしたいと思っていましたが、それは時計製作ではありませんでした。私は両親があまりに時計製造で奴隷の様に働きすぎている印象を受けていました。当初、私は電気工学を学び、次にマイクロテクノロジーで工学を学び、次に時計製作とエンジニアリングの経済学を選択しました。

1973年、私はBulovaで仕事を始めました。そこで機械式レディースムーヴメント を1日当たり3000個生産できるように製造プロセスを改善し貢献できたことは幸運でした。 5年後、私はヌーベル・レマニアに移り、歴史に残るキャリバー、メカニカル、クロノグラフ、トゥールビヨン、マルチ・エンジン・クォーツの開発に参加しました。当時、彼らは年に300,000回以上の機械力学的なクオーツムーブメントの基準量を生成するのに必要な完全なノウハウを持っていました。 1995年、私はロベルゲの株主と取締役になりました。 1998年に妻と私は一緒にDTH Dubois TechniqueHorlogèreSAを設立しました。 2011年以来、私はVaucher Manufacture FleurierのCEOに就任しています

6. あなたがしなければならなかった最悪の仕事は何でしたか?

 持ったことがありません。私がやったすべての仕事において私はいつもポジティブなことを見つけました。

7. これまであなたの人生で一番辛い瞬間は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

私たちが経験しなければならなかったさまざまな時計業界の不況。ですが私はいつも復活する方法を知っていました...

8. あなたに最も強い影響を与えたのは誰ですか?あなたにインスピレーションを与える人は誰ですか?

両親と時計製作ではブレゲ、チャールズ・エドゥアール・ギヨームで、特に私が卒業の為の時計制作をしていた時です。それはキャリバー4908で、オートコンペンセーション・バイメタリック・バランススプリングを搭載し、私がヌーシャテルのオブザーバート・クロノメトリクスの試験に合格したものです。 スポーツでは、私はEddy Merckx、Jean-Claude Killy、Bernard Russi、Roland Colombinの熱烈なファンでした。

9. あなたは何を最も誇りに思っていますか?

私の娘達LaetitiaとLudivineです。

10.  あなたと同様の道を歩むことを考えている20代の方ににあなたはどのようなアドバイスを与えますか? 

自分の仕事を愛すること。効果的なステップをとること:アセンブリを開始する前に作業台と技術図面。 また、基本的な産業概念について学び、始める前に産業プロセスからインスピレーションを得るようにと教えたいと思います。

11. バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)にある3つのことを教えてください。 

今、私は人生で達成したことに大変満足しています。 私が週に一度ETVJで教えているように、仕事が私にもたらしたメッセージと熱意を引き続き伝えたいです。スポーツに関しては、ダウンヒルスキーのシニアカテゴリーで金メダルを獲得すること。

12. 業界の10年後はどのようになってると思いますか?

私たちの業界のバージョン4.0は既に存在し、私たち全員は頑張っています?うまくやっています?これは、デジタルプラットフォームを通じて顧客と継続的にコンタクトができることを意味するでしょう。 製造プロセスの向上のおかげで、製品は完全にカスタマイズされ、コスト管理されるでしょう。