Martin Braunは、1964年にドイツのカールスルーエで生まれました。 Braunの父、宝石職人のKarl-Christian Braunは、時計ケースの有名なプロデューサースペシャリストでした。 ブラウンは幼い頃に時計の世界に興味を持ち、 彼は1983年にプフォルツハイムの有名なウォッチメイキングスクールを卒業して時計師になりました。 彼は1991年に27歳で「Master Watchmaker」になりました。


1.  あなたの両親は何をしていましたか?どのようなの幼年期を過ごしたのか教えてください。

私の父は時計のケース製造をしていた金細工職人で、 私の母は父の事務管理をしていました。
私の子供時代は別に特別では無かったが、安全で保護された環境で育つことができたと思ってます。

 

2. 子供の頃なにか大きな志しを持っていましたか?何になりたかったのですか?

ああ、典型的かもしれませんが車のメカニックです。私のおじさんはそれをやったので、おじさんと一緒にハイスピードで運転する快感は今でも忘れられません。 それ以外では、電気設備の仕事ですね。なぜなら危険な電気を管理することにとても興味を持っていたからです。

 

3. 子供の頃の最初の記憶は何ですか?

私の父の作業台に座って、父が時計ケースをどのように半田付けしているのか魅了していたことです。 そして私の父が運転するBMW 3.0 CSIで、田舎の道を200km / h以上で走ったことです。

 

4. あなたは今まで別の職業を経験したことがありますか?何をしましたか?

休暇中のアルバイトみたいな例しかありませんが、電気会社で働き、道路灯篭を設置したことはあります。 他にはコカコーラで、たくさんのガラスびんを持ち上げる仕事や、チャートベースのデータシステムからコンピュータシステムに切り替えた保険会社の為にシステムに数十億の住所を入力することなどもしていました!

 

5. なぜウオッチメーカーになることを選択したのですか?過去あなたは誰かの為に働きましたか?何があなたを今の道に進むことを決めさせたのですか?

私にとって答えは簡単でした:時計作りは電子知識と機械技術の組み合わせであった為です。 以前私はライトオルガン、ストロボスコープライトなどのディスコのエレクトロニクス機器に取り組んでいました。そして、このコンビネーションがエキサイティングであることを発見したのがキッカケでしょうね(80年代初めには私も電気と機械のトレーニングを受けました)。

私は他の誰かのために働いたことはありません。 私の父親の会社では、まず彼の退職年齢に近づくと、私は自分の道を見つけようとし、日の出と日没の指示をするEOSを作りました。

 

6.  あなたがしなければならなかった最悪の仕事は何でしたか?

簡単です......私たちは時計ケースを作っていたとき、アラビア国の女性の時計のために巨大な注文を受けました。 私は一から1万個のステンレススチールケースバックを作る必要があった......スタンピング、折りたたみ、回転、装飾...恐ろしい!

 

7.  これまであなたの人生で一番辛い瞬間は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

幾つかあります。 しかし全体的に私は9/11とトランプの選挙と言うでしょう。

 

8.  あなたに最も強い影響を与えたのは誰ですか?あなたにインスピレーションを与える人は誰ですか?

うーん、私は自分自身だと思います。 私はとてもポジティブで、外部の影響を必要としません。 私の最大のインスピレーションは、ユニーク(クレイジーとも言えるでしょうね)な人と座って、可笑しな話をして、新しいアイデアを生み出すことでした。

 

9.あなたは何を最も誇りに思っていますか?

私のEOS Boreasが「ウォッチ・オブ・ザ・イヤー」だったこと、そしてフランク・ミュラー・グループが悪いことになっても私を "パートナー"として招待してくれたこと。

 

10. あなたと同様の道を歩むことを考えている20代の方ににあなたはどのようなアドバイスを与えますか?

活気的であり、夢を追いかけ、「投資家と関わるな」と肝に命じて、ビジネスを自然に成長させることを常にすることでしょうね。

 

11. バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)にある3つのことを教えてください。 

一年、休暇を取ること。

初めて4000メートルの山を登ること。

ミュンヘンからアルプスを渡ってヴェネツィアまでハイキングすること。

 

12. 業界の10年後はどのようになってると思いますか?

友人達に起こっている事を見て、小さなブランドが持つ困難を見て、私は大きなグローバルブランドはどんどん成功していくと思います。ですがそれほど大きくないブランドは現状より悪くなっていくかもしれません。

残念なことに、小さなブランドは「クリエイティブセンター」のままでいるでしょう。