2017年にRebecca Struthersは時計メーカーとして英国史上初めて時計学の博士号を取得しました。


1.  あなたの両親は何をしていましたか?どのようなの幼年期を過ごしたのか教えてください。

運がいいことにとても幸せな幼少期を過ごしました。私は多様な文化が共存するバーミンガムにある労働者階級の家庭に生まれました。母は政府の税務署で働き、父は社会福祉事業で働いていました。なので私は時計製造とは無縁の世界で育ったんです。しかし祖父から上の世代はガラス職人だったり銀細工師をしていた人もいました。そういう意味では私は先祖返りかも知れませんね(笑)母が私を産んですぐに仕事に戻ったので、私は専業主夫だった父に育てられました。1980年代ではとても珍しいことでした。男性に育てられたので私は男性が大半を占めている業界でやっていけているのかもしれません。

 

学校が人生で初めて「不公平」を教えてくれた場でした。小学生の頃、私はオタク呼ばわりされ、いじめられました。中学校では労働者階級だったことでいじめられました。その頃に私はバーミンガム出身者特有のアクセントを失くし、逆境に負けない人になりました。そして同じ頃に人それぞれが持つ「豪華さ」の意味、そしてそれがどのようにして作られているのか、について考えることに夢中になりました。見方によれば、従来の高級工芸品はとても平等なのです。一つの工芸品で得られた収入を複数の才能あるメーカーが山分けするので。高級時計を買う人たちは時計製造を支えるだけでなく、手彫り、金細工など、時計製造と連結している商業も支えているのです。彼らのお金は見習い工、トレーニングや教育などの資金になります。私たちの顧客は伝統的な技能を守る重要な役目を担っているのです。

 

2. 子供の頃なにか大きな志しを持っていましたか?何になりたかったのですか?

 

アートと科学にはいつも興味を抱いていました。幼い頃、私は獣医、デザイナー、病理学者、彫り師など色々な職業に就きたいと思っていました。時計制作術の存在を17歳の頃に発見した時、初めてアーティストとエンジニア、両方の夢を達成することができるキャリアがあるのだと知りました。イギリスではアートと科学は全く別のものだと教えられるのです。実際ではそんなことはありません。

 

3. 子供の頃の最初の記憶は何ですか?

トゥリンという名前のうさぎを飼いだしたのを覚えています。私にとって初めてのペットでした。私は5歳で、トゥリンを飼うと決めたと同時にベジタリアンになろう、と決めました。私の代わりにペットのうさぎや他の動物が私のために傷ついてほしくなかったのです。動物たちは私の人生にとって重要な役割を持っています。定期的に地元の保健所から救助されたペットを引き取っています。また私は感情移入しやすいタイプの人間なので、全ての人から物まで大切に扱います。おそらくヴィンテージやアンティークの時計を集めてしまうのもこれが原因です(笑)私の行動一つで人や動物を嬉しくすることができた時、私は大きな喜びを抱くのです。

 

4. あなたは今まで別の職業を経験したことがありますか?何をしましたか?

私は17歳からジュエリーと時計製造について勉強や仕事をしてきました。オークションや工場の修復など、時計制作術ですが普段とは少し違う分野の下で働いたこともあります。

 

5. 過去あなたは誰かの為に働きましたか?何があなたに独立し一人立ちすることを決めさせたのですか?

ストレスが溜まっていた仕事をしていた日に、私たちは自分たちのワークショップを立ち上げようと決めました。個人事業は時にはストレスが溜まりますが、私の仕事を自分がコントロールできている実感があるので好きです。私の夫クレイグには「何かをして、何もしない。」という言葉があります。もしあなたが自分の仕事を好きじゃなくてもその主題が大好きなら、自分自身を幸せにするために何か行動を取ることは必要不可欠だと思います。私は今、他の誰かのために働いてきた時よりもはるかにプロダクティブで創造力に富んでいます。自分の限界を自分で設定し、自分が好きな時にその限界に挑むことができるからです。

 

6、7. あなたがしなければならなかった最悪の仕事は何でしたか?そしてこれまであなたの人生で一番辛い瞬間は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

私がやらなければいけない最悪の事、これは被雇用者特有の事ですが、日常的にセクシズムと戦う事です。今まで就いてきた仕事のほとんどにセクシズムがありました。私は男性を嫌っているわけではありません。逆に大好きです。私は男性に育てられ、数々の素晴らしい男性が機会を与えてくれたおかげで今ここにいると思っています。時計制作者の夫、Craig Struthersはもちろんの事です!それでも、この業界には非常に不親切な人が多く、とても残念に思います。自分のビジネスを共同設立することでそのような人たちとは距離を取っていますが、私自身を完全にその場から取り除かないと何も変わることはないと思います。

 

8. あなたに最も強い影響を与えたのは誰ですか?あなたにインスピレーションを与える人は誰ですか?

夫のCraigが私に最も強い影響を与えています。一緒に生活し、一緒に働くので、私たちは24時間365日お互いのそばにいるのです。彼は夫であり、私の一番の親友でもあります。そして彼は私の最大のインスピレーションです。一緒にビジネスをすると、他人の最善の時と最悪の時を見るのですが、彼は最悪の時でも素晴らしい人であり時計制作者なのです。そんな彼を私はとても尊敬しています。

 

9.あなたは何を最も誇りに思っていますか?

去年、私はイギリス史上初めて時計師として時計学の博士号を取得しました。イギリス初の正真正銘の時計医学者であることを、私が非常に誇りに思っている功績です。私の研究は独立した時計メーカーとして私の仕事に大きく貢献しています。それに加え、見過ごされがちな時計学の重要性を

することができたのも誇りに思います。時計について理解がない人は当然だと思っていますが、ポータブル時間へのアクセスは歴史の経過や時計オタクである私たちの時計と持っている関係を大きく変え、何世紀にも渡り私たちの文化や社会について教えてくれるのです。

 

10. あなたと同様の道を歩むことを考えている20代の方ににあなたはどのようなアドバイスを与えますか?

辛抱強くあり、あなたの能力を最大限に発揮しなさい。時計作りのキャリアを立てるには長い時間と献身が必要です。私は今32歳ですが、まだ道のりのはじめに立ったのにすぎないと考えています。非常に成功したビジネスを立ち上げたクライアントの一人が、「正しいことをすればお金がついてくる」というモットーを掲げていると教えてくださいました。もし膨大な収入を得たいなら、独立した時計メーカーにはならないことをおすすめします。代わりに私は「正しいことをすれば尊敬を得られる」と言うでしょう。十分なお金を持っているなら誰もが時計をストッククキャリバーで購入し、巧みに作られたケースに入れることができます。しかしそのようなことをしてもあなたは時計メーカーにはなりません。真の独立したメーカーになるには長く辛い道のりを超えなければなりません。しかしその代わりとして得られる業界からの尊敬と顧客やコレクターからの忠誠心はとても価値あるものになります。

 

11. バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)にある3つのことを教えてください。 

現時点では、私たちのワークショップは私の夫、私、見習いのヘザーで経営されています。 私たちのワークショップが地域の人々を雇用し、他の職人達をサポートし、私なしで運営する事ができる小さな工場に成長していることを願っています。 それができれば、私は自分自身のことを信じられないほど誇りに思うでしょうね。 この目標へのスタートとして、今年私は試乗を学んでいます。 1965年以前に製造されたBSA試験のバイクに惚れ込んでいるので、それに乗れるようになりたいです! 最後に、私は子供の時からいつも青いクジラを見たいと思っていました。変に聞こえるかもしれませんが、本当に見たいんです! クジラは地球上で最も大きな動物であり、自然界の驚異の一つですから。

 

12. 業界の10年後はどのようになってると思いますか?

私たちを取り囲む世界は、経済から技術進歩まで、非常に急速に変化しています。 私の故郷、イギリスのバーミンガムでは、18世紀と19世紀の産業革命以来、同様の変化を経験しました。 有名ブランドは常にそこを基点としています。 独立している人にとっては、ベストな人のみが生き残れます。 小規模なワークショップは、優れた品質レベルを持ち、革新的で誠実さを持って働く人たちが生き残ると私は思っています。


To learn more about Rebecca Struthers