Stephen McGonigleはMcGonigleの創業者の一人です。彼は、複雑な時計もシンプルな時計も年に少数づつ、自分のスタイルで作っている新しいタイプの時計メーカーの一人です。 彼の時計をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

 


1. あなたの両親はは何をしてましたか? あなたの子供の頃を簡単に説明してください。

 

父はアイリッシュタイムス(新聞社)の植字工で、母は私を含め8人を育てるという手ごわい仕事をしていました。

物事の厳しいなかで育ちましたが、私は井の中の蛙でそれ以上のことはわかっていなかったのでその時はさほど悪く感じませんでした。私は学校が嫌で、学校も私を嫌っていました。アイルランドの事柄は今とは非常に異なっていて学校ではそれほど多くの動機付け?特典?がありませんでした。子供の頃はたくさん馬鹿げた事をしましたが、有難いことに時計製造を見つけたことで全てが変わりました。

 

2. 子供の頃なにか大きな志しを持っていましたか?何になりたかったのですか?

 

私は自分を建築家だと空想して成長し、製図が得意でした。父は私のスキルを素晴らしいと思っていましたが、私自身はクラスメイトと比べ充分ではないと気付いていました。また私は機械工学の線での何かを考えましたが、やはり学校では意欲をもてませんでした。

 

3. 子供の頃の最初の記憶は何ですか?

 

私が5歳位の時、いつも家に帰る前に先生からのキスをせがんでいた事を覚えています。私の母はこの記憶が正しいことを覚えていて、じつは今思うと私はかなり誇らしく思えます。振り返ってみると、そういう経験があったから残り学校生活がつまらなかったのは当然でしょう。(笑)

 

4. あなたは今まで別の職業を経験したことがありますか?何をしましたか?

 

大人になるまでにほとんどがちょっとした夏の仕事を沢山しましたが、本当の仕事は時計製造以外にしたことはありません。それらの小さな仕事を絶対にやり続けたくなかったことが私に野心を持たせたと思います。スイスのとても静かな生活?は 、10年程前に、私にアイリッシュパブをオープンする気にさせました。そのバーを作り上げる為に沢山の仕事をしましたが、実は私は店で働いてはいず、私の関与は経営ミーティングと時折のDIY作業です。時計製造がまだ私の大いなる?フルタイムの仕事ですが、また居酒屋の主人でもあります。ちなみにカフェ•. ド •サーフ(ヌーシャテル)は事実スイスで最高のパブです。

 

5. なぜ時計師になることを選択したのですか?過去あなたは誰かの為に働きましたか?何があなたに時計師になることを決めさせたのですか?

 

父の影響がありました。そして同じ様に、私の兄弟のジョンと家で私が本当に愛していたいくつかの時計のムーブメントで遊んでいたので、時計師の選択は自然だったと思います。私は少数の優良な会社で仕事をしましたが、その経験の大部分は良いものでした。私はロンドンのソムロ・アンティークス(スピーク・マリン氏自身が作ったワークショップ)やクリストフ・クラーレ、 アーノルドアンドグラハム、 フランク・ミュラー、 ブレゲで働きました。私が会社をいくつも移ったという事実は、私が何かを探していたことを示していて、独立がその答えだったと思います。私はもう後戻りはしません。

 

6. あなたがしなければならなかった最悪の仕事は何でしたか?

 

成長するにつれていくつかの嫌な仕事をしました。本当につまらない気が滅入るものばかりです。しかし最悪の仕事は、ジュネーブの時計ブランドでほんの短期間働いたのがそうでした。私の履歴書には載せていないし、会社名も言えません。それは私が経験した最短の雇用でした。

 

7. これまであなたの人生で一番辛い瞬間は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

 

父が死んだ時です。自分にそれが起きるまで想像することもできませんよね。私はそれを乗り越えるとは思いませんが、時間は痛みを和らげてくれます。

 

8. あなたに最も強い影響を与えたのは誰ですか?あなたにインスピレーションを与える人は誰ですか?

 

難しいですね。明らかにジョンと父は私に影響を与えましたが、私に多大な影響をもたらした一人となるとわかりません。子供の時はセナが最高の人物だと思っていましたが、それはおそらくもっと浅い表面的な敬服でした。私は良い意味で非常にひたむきな人々を尊敬?しますが、セナはまさにそうでした。等しく、私は最近イーロン・マスクの伝記を読み彼の業績と意欲はとてつもなく素晴らしいと思います。

 

9. あなたは何を最も誇りに思っていますか?

 

自分自身を信じて職業的により厳しいが、最終的にはより大きな報酬をもたらす道を選んできたことを誇りに思います。私はいつも正直で自分らしさを保ってきたと思います。私は大きな声で世間に吹聴できるに値するような事は何もしていませんが、いつの日かできることを願っています。自分自身も含め私達の多くが真に意味のあることを何もせずに人生を漂っていると思います。時間はまだあります。

 

10. あなたと同様の道を歩むことを考えている20代の方ににあなたはどのようなアドバイスを与えますか?

 

やめておきなさい。

 

11. バケットリスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)にある3つのことを教えてください。 

 

誰かを本当に助ける、もっと旅行をする、ギターをただ爪弾くだけでなく実際に演奏できるようになる、です。

 

12. 業界の10年後はどのようになってると思いますか?

 

私は地球全体が心配で、生きる為に不可欠ではない時計の業界の見通しは正直わかりません。しかし言うならば、良い機械式の時計は、かつてそうだったように日常生活の不可欠な部分になるかもしれません。